木下優樹菜がまた炎上!?緊急事態宣言下でBBQの写真をインスタに投稿し批判コメント殺到!

エンタメ

2020年7月に芸能活動から引退した元タレントの木下優樹菜さんが、4/26に自身のInstagramを更新しました。
この投稿が、緊急事態宣言発令中にもかかわらずバーベキューをしていたとして多くの批判を浴びています。

どんな投稿だったのか?なぜ炎上したのかを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

炎上した投稿は?

投稿された写真は、新鮮な魚介類が写っており
「お取り寄せ海鮮たち 美味しすぎて みんなに飲まされて 酔 幸」とコメントしています。

バーベキューコンロを前に、楽しそうな表情で写った写真も合わせてアップされています。
ストーリーズには酔っ払った姿を投稿するなどバーベキューを楽しんでいる様子も。

バーベキューをしていた日時や場所はわかりませんが、この投稿がされたのが26日であることと、24日には全く関係のない投稿をしていることから東京などの緊急事態宣言初日の25日ではないかと思われます。

この投稿には、多くのコメントが殺到しています。

「不要不急」や「緊急事態宣言中にありえない」などといった”緊急事態宣言が出ているのに不謹慎”といったようなコメントも。

 

中には「あなた達のように自己中心的な考えの方が、感染をひろめている可能性がある事を考えて下さい。そして大変な思いをするのは医療関係者です。」という医療従事者(または近い方)がコメントしているように、医療体制が逼迫している中で感染拡大を助長させるような行動に対しては、怒りの声も上がっています。

なぜ炎上してしまったのか

彼女の投稿は、なぜここまで炎上してしまったのでしょうか。

ポイントは3つあります。

  • 東京に緊急事態宣言が出されている期間であること
  • 多くの人が我慢を強いられている中で、お酒を飲んで楽しんでいること
  • (純粋に)注目を集めていたこと

これらについて具体的にどういうことが問題だったのか見ていきましょう。

 

バーベキューはいつどこで?

バーベキューをいつどこでしていたのかは本人しかわからないことですが、直近の土日(4/24・25)は東京の天気は曇りで、写っていた写真も曇り空でした。

そのため、「東京または東京近郊でこの土日のどちらか」にバーベキューをしていたことは間違いないでしょう。
また、彼女の服装がノースリーブであったこともふまえると、4/25の気温が23.5で夏日に近かったので「4/25に東京のどこか」であると言えるでしょう。

他に投稿された写真には友人と思われる人物が映り込んでおり、複数の家族でのバーベキューだったことは明らかです。

政府や都知事は「家族だけで」「いつも会う人だけで」との呼びかけにもかかわらず複数家族で一つのコンロを囲んでいたとなると、感染拡大のリスクは上がってしまいます。

「屋外だから」とか「家の敷地内だし」というのは世間の人には通じない状況でしょう。

多くの人が我慢していて、心に余裕がない

メディアでは連日、新型コロナウィルス関連のニュースが後をたちません。

お店は時短営業がほとんどで、楽しい食事はいつからできなくなってしまったでしょうか。
世の中全体が常に「ピリピリモード」で人の心には余裕がなくなってきています。

自分は我慢を強いられている状況であるのに、他人が一人でも楽しそうにしている人がいるとうらやましく思ってしまうのです。
そんな人が多く、また自粛生活を送られている人が見がちなのが「有名人のTwitterやInstagram」なのです。

そんなものを見てしまえば「自粛警察」ならずとも批判のコメントを入れたくなるのでしょう。

フォロワー数は51.5万人

彼女のフォロワーは、芸能界引退前のアカウントは500万でしたが、現在は51.5万人です。

その頃に比べると10分の1ほどですが、それでもフォロワー数は多く世の中への影響は少なくありません。

実際のコメントの数はそこまで多いとは感じませんので「炎上したか」というと実はそうでもなくメディアが取り上げた結果炎上した可能性もあるでしょう。

しかし、注目を集めている存在だからこそ、緊急事態宣言下における行動も一つ間違えると大きく批判の対象となるのです。

 

しかし、炎上してもその声をスルーできるのは、持ち前のハートの強さからでしょう。

スポンサーリンク

過去にはこんなことも

木下優樹菜さんといえば、芸能界引退のきっかけとなった「タピオカ騒動」ですね。

2019年11月、木下さんの姉が勤務していたタピオカ店のオーナーに対し、Instagramで恫喝めいたメッセージを送っていたことで芸能活動を自粛していました。

姉さやかさんが勤務していたお店との給与未払いをめぐるトラブルがあったことを優樹菜さんがInstagramに投稿し、ファンがタピオカ店へ中傷コメントを投稿し炎上。
一方的に悪者扱いされたタピオカ店は、実情を説明し優樹菜さんから送られてきたとされる恫喝めいたメッセージをTwitterで公開しました。
メッセージの内容は「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」、「週刊誌に姉がこういうめにあったって言える」「覚悟きめて認めなちゃい おばたん」という脅迫とも取れる内容でした。

これにより、逆に優樹菜さんが炎上してしまいます。

その後、謝罪のコメントを投稿ししばらく芸能活動を自粛することとなったのです。

この度は、私の自己中心的な発言により、

相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、

誠に申し訳ございませんでした。

私の発言は

いくら大切な家族のための事とは言え一方的な凄く幼稚な発言だったと思います。

実の姉の事なので一時的に感情的になってしまいました。

非常に失礼な発言をした事をとても反省しております。

相手の方には、気持ちが伝わるまで、誠意を伝えたいと思います

また、この報道を見て不愉快な思いをされた方、

本当に申し訳ございませんでした。

事務所にも大変迷惑をかけました。

改めまして、私の発言について、大変申し訳ございませんでした。

今後は自分の芸能人という立場をしっかりと考え、

発言には十分注意していきたいと思います。

そして、どんな時も 応援して支えてくれているファンの皆様、ごめんなさい。

2019/10/09 

木下優樹菜

出典:@yuuukiiinaaa

 

炎上騒動のその直後、2019年12月に元夫の藤原さんと離婚しました。

2020年7月1日に芸能活動再開を表明しましたが、その5日後に突如引退を表明し大きくニュースになりました。

わずか2ヶ月後の2020年9月1日に、個人での活動を再開し2021年にはモデルでの復帰も果たしています。

 

最後に

日本中が大変な中、このようなことで炎上してしまうのは本意ではないでしょう。

一刻も早く、感染が落ち着いてみんなが何も気にせずバーベキューができる日が来るように、今できることを徹底したいですね。

では、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク